Apaiser

akijuin21.exblog.jp ブログトップ

北京2日目 全聚徳で北京ダック~京劇 3/13

北京と言ったら北京ダック!でしょう。やっぱり。
北京ダックで有名な全聚徳へ。日本にもあるんだ・・・。
d0064366_9554611.jpg
ツアーの食事なので頼まずにどんどん出てくる出てくる。
特筆すべきは左下の写真。テーブルにお皿が並んで、普通日本だったらちょっとずつずらして
置く場所をつくってから置くと思うんですけど、いきなり料理ののった皿の上にぼん!と。
しかもお店で一番えらそうな男性。
こういうの、ダメな人はダメだと思うんですけど私たちはなんだかおかしくってネタにしてました。
「ちょっと、これ!絶妙!!写真とんなきゃっ」って。

d0064366_11593724.jpg
ちなみにデザートはまたこれ。

d0064366_956521.jpg
左の写真はお店の女の子をくどいてる(たぶん)ガイドさん、激写。
レストランとかお店に行くたび、そこの女性をくどいてるっぽい。
あと、私たちが食べている間、よくビール飲んでるんだけど、それも私たちに請求されてる気がしてしょうがない。まあいいけど。

北京ダック、大好物だったんですけど、本場で食べたら「・・・」
やっぱり日本てなんでもおいしいんだなぁ。



d0064366_1113574.jpg
京劇。中国の歌舞伎とかチャイニーズオペラ、と言うし西太后も愛した伝統ある娯楽、と聞いていたのでかなり楽しみにしていました。三国志とか西遊記だったらラッキーだなぁーなんて期待もしつつ。
でも、なんかやけに小さい劇場でびっくり。でもここがいっぱいになるのねーなんて思いながら今のうちに写真♪なんて思っていたら。

あれ。お客さん私たちともう1組欧米風の夫婦の4人のみ!へ!?

この晩の京劇は3部制。1部は猿の王?がホテルで寝ているところに刺客がやってきて、ふたりが戦う、っていうストーリーらしい。登場人物ふたり。道具は安っぽいテーブルひとつ。そして、夜だから暗闇でお互い、相手が見えない、っていう設定らしい。で、なかなか戦えないの。何これ!つまらん!!いや、でもまだ第1部だし、と思ってがまん。
d0064366_1115898.jpg
そして2部がスタート。「GODNESS of FLORAL」の舞、だったみたい。(電光掲示板の説明による)これが相当つらかった!つまらないとかを通り越してつらくてつらくて『帰ってもいいですかーー』って感じ。小梅太夫みたいな化粧をしたおばちゃんが高い声で歌を歌いながら天女っぽい首から提げた布をバタバタやるんです。写真をよく見ると床にその布がついてます。
キンキン声の歌も耳障りだし、何よりその布をバタバタすると埃が舞いまくる!!GODNESSの舞、じゃなくて埃がまってるってば!!
そしてふたりとも喉と目がかゆくなりくしゃみ連発。
「はやく帰りたい~」とGODNESSと目が合うたび、わかりやすく時計を見たり「はぁあーー」とため息をついてみるものの、伝わるはずもなく・・・。
しかも、上の写真の右端にご注目ください。
d0064366_11152675.jpg
アップはこちら。この人たち、生演奏のおじさんたちなんです。
これまたやる気なーーし。右から2番目の人、岸辺シローにしか見えなくなってきました。
3部は登場人物が4人に増えたけどなんだか意味不明。とりあえずバクテンしとけばいっか、ってな感じでした。
えーー。期待してただけにがっかり。ほんと、「つまらない」を通り越して「これは罰ゲーム?」ってなノリでした。
はぁ・・・。
でも、中国の文化を誤解したくないので、これは特に最低ラインだったのだと認識。
きっと、ちゃんとしたところでやる三国志とかはきちんとしてるはず!
もう一回、ちゃんとした京劇を見たいと思う反面、これがトラウマになってしまい、もうやだ、という気持ちもあり。
見ないだろうな、きっと。
[PR]
by akiko-juin21 | 2007-05-15 23:59 | 北京・上海 2007
line

フラワーアレンジメント@駒込 apaiser.f@gmail.com


by akiko-juin21
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite