Apaiser

akijuin21.exblog.jp ブログトップ

Bouquet~鉄砲ユリ 真珠のブーケ~

d0064366_10144085.jpg



ブーケは、いつもレッスンしてもらってる一会の岩橋さんにつくってもらいました(もちろん!!)。
鉄砲ユリだけをつかったとても贅沢なブーケ。
ヘアチェンジ前は髪もアップでタイトに白一色のイメージだったのでブーケもほかの色はいれないことに。

1本1本ワイヤリングして束ねていく作業。
ワイヤリングの大変さをわかっているだけにその苦労が伝わります。
実際もとても重さのあるブーケでしたが、いろいろな思いとか苦労とかそういう重さもしっかりと感じて持たせていただきました。

ヘアメイクのけんすけさんと初めて会ったとき、ブーケは習っている先生につくってもらうんです、と言ったら「ブーケって3万とか5万とか、もっとする場合もあるじゃない?そういうの、男性とかは『なんでこんなに高いわけ??』って思うんだよね。でもそれって決して高くないと僕は思うんだよ。だってその技術を身につけるまでの金額、お客さんの希望にあうものをつくるために打ち合わせに時間を費やして、そして朝はやく市場に行っていっぱい仕入れてくるわけでしょ?
実際にブーケに使う分だけあればいいわけじゃないじゃない?だからそういう値段は決して高くないと思うんだよ。むしろ儲けなんて本当に少ないんじゃないかな」(ここまで一気、半蔵門線の中で)
それを聞いて、本当にこの人にメイクしてもらえてよかった・・と思ってしまった。
もちろんブライダルの業界にいるからほかの人よりはそういうことに詳しいのかもしれないけど、でもそういうことをちゃんとわかってくれているってすばらしい。
この「真珠のブーケ」も120本~仕入れてつかったのは60~70本だそうです。




このブーケをつくる機会がありました。
いつか、このブーケ練習してみたいなぁ、今度お願いしてみよう、なんて思っていたら先生から急遽レッスンのお知らせが!!
d0064366_745712.jpgピンセットで花粉をとって、ひとつずつワイヤリング、テーピング・・・。本番は間に保水処理。
これをひとつずつ束ねて丸くしていく・・・。
これがむずかしい。
なかなか言うことを聞いてくれないし。



このブーケをつくっていて、当日のことを思い出しました。それはこのユリの香りから。
香りからその「時」を思い出すことってありませんか?
これからユリの香りをかぐたびにあのブーケを手にした瞬間を思い出すと思います。

d0064366_7493014.jpg

本番のブーケには程遠い出来ですが、まあまあ。




d0064366_7532433.jpg集中して作業したあとのこのケーキがおいしかった~。
栗のタルト、かなり私のツボでした。ごちそうさま。Fさん。


今日のテーマは「もくもくと」
[PR]
by akiko-juin21 | 2005-11-28 10:12 | wedding
line

フラワーアレンジメント@駒込 apaiser.f@gmail.com


by akiko-juin21
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite